バンドやろうぜ♪

2013年06月

ハーモニカは、誰でも一度は吹いた事があるだろうし、例え経験がなくとも、直ぐ吹けるようになるシンプルな楽器だが、それだけに奥が深い。

バンドをやっていると、楽曲によってはその音が欲しくなる事がある。
「俄」&「俄組」では、何故かおいらの担当。
1
ハーモニカには様々な種類・仕様があるようだが、主に使うのは「ブルースハープ」。 長さが10cm程の手の平にスッポリと入ってしまうサイズで、穴が10個のシンプルなハーモニカ。
テンホールズハーモニカ、ダイアトニックハーモニカ、マウスオルガンなどとも呼ばれ、ブルースやロック、フォークなどで良く使われる。 因みに、「ブルースハープ」はホーナー社の固有の商品名との事。

このブルースハープ、普及品なら1つ2~3、000円と楽器としては安価なのだが、問題は、1つでは勝負しにくい事。 詳しく記すとヤヤコシイし、長くなるので、訳をお知りになりたい人はネットででも調べて頂く事にして、ブルースハープは、和音が出せるように音が配列されているため、曲の調子(key)にみあった調子の物を用意しなくてはならない。 そのため、長調で12種類(メーカーによっては、FとGにオクターブ違いも用意されているので、14種類)と、短調用のマイナーが用意されている。 全部揃えようと思ったら、20本以上。一つ2、500円としても50,000円。
自分が気に入っている物は、1つ5、000円程なので、これで揃えると、メインギターより高額。大台に乗ってしまうでないかい? しかも、他の楽器に比べ寿命が短い?ので、何時不調になっても慌てないように、頻繁に使うKeyは、複数所有する。 また、直接口につけて鳴らす楽器なので、他人の物をチョイと拝借。と言う訳には、なかなかいかない。 因みに、安い物なら500円前後の物も販売されているが、耐久性や吹き(吸い)心地、音質、そして何より、音程の確かさなどから、「楽器」としてお考えの方には、オススメ出来ない。
まぁ、専門的なハーピストでない限り20本(種類)も用意する必要はないと思うし、自分は、全てのKeyが必要な程、レパートリーがある訳ではないので、実際には4~5本(種類)あれば事足りるのだが、セッションしたり、2nd Key が必要だったりするので、気がつくと、いつの間にか10種類超。
Keyのだぶっている物もあるので、所有しているのは、15本程かな。
2

ところで、最近、鈴木さんちのカバーまで木で出来た「PURE HARP MR-550」とか、
3
純正律チューンの「ファビュラス F-20J」
4
そして、通常の吹き・吸いリード20枚に、何とベンド用の隠れリード?が10枚装着された?「ULTRA BEND SUB30」
sub30
に興味深々。しかし、何れもブルースハープとしては、とても高価なので、なかなか手が出ない。
ま、レパートリーも少ないし、専門的にやっている訳でもないのでネ。
 
先日、7月6日(土)で行うライブで、とある曲をリストに入れることにしたところ、Vo.が、ハモニカを所望。 それはいいが、問題は、今まで出番のなかったKey。 持ち物がまた増えた。ザンザン。

音楽をやっている人なら、誰でも少なからず、憧れ、影響をうけたミュージシャンやバンドがあると思う。
自分にとって「古井戸」がその一つ。
古井戸1
ギターを弾き始めた頃、同級生とアコギ2ウッドベース1のフォークバンドを組み、当時流行っていた、五つの赤い風船や赤い鳥、PPMなんかのマネ(とても、コピーやカバーと言うまでにはいかなかったな)をして、遊んでいた。 今では、アコギだがらフォーク、エレキだからロック・・・などと言う、どうでもいい線引きなどないが、当時は、結構明確にその傾向があったように思う。 ところが、ある日「古井戸」を聴いて軽いカルチャーショック。 古井戸は、加奈崎芳太郎さんと、後に忌野清志郎さん率いるRCサクセションのメンバーとなる、仲井戸(チャボ)麗一さんの2人で、1970年代初めに、デビューしたバンド。 加奈崎さんの圧倒的な声量とギターを叩きつけるようなコードワーク。そこに、チャボのギターが絡んで、まさに、エレキを使わないブルース・ロック!と思った。 因みに、シングル「さなえちゃん」がヒット曲だか、これは、古井戸そのもののイメージと言うか、テイストとちょっと違うな。
古井戸2
ギターを弾き始めたばかりの少年Nは、これだ!と、思ってしまったのだ。 程なく、その後、40年来の付き合いとなるVo.Mと知り合い、可愛い系?フォークバンドを脱却、アコギでロックを目指すのであった。 と、そんな事はさて置き、嘗ては、ただ憧れのミュージシャンの一人であった、その古井戸の加奈崎さん。 現在、長野県在住の同県人。何年か前に、ひょんな事で知り合い、同じステージに立つことになった。それも今年で4回目となる。 古井戸解散以来、ソロで活動している加奈崎さんは、あまり古井戸の楽曲を披露しなかったようだが、今回は、美人ギタリスト美歩さんのサポートで、往年の古井戸ナンバーを多数リストに上げているとか。
130706
来る、7月6日(土)長野市のライブハウス「India Live The SKY」http://india-sky.com/skyschedule/2013-07-06/ 往年のファンは勿論、若い方にも聴いてほしい。是非!

ボチボチ暇をみて、作業するつもりだったELKの改修作戦。
どうも、中途半端な状態で放っておけない性格で、エイヤっと作業。
elk15
ピックアップを装着していたら、エスカッションを厚めにしたにも関わらず、目一杯上げても、フロントに比べ、やや弦から遠いことが判明。これじゃあバランスが悪かろう、ってんで、カバーを外し、何とか高さを合わせた。ちょいと見た目は悪いが、仕方なし。
elk17
早速、配線して音出し。
ん?フロントに比べ、パワーが足りない。抵抗値はフロントよりわずかに大きいが、この程度じゃパワー不足か・・・?
加えて、少しノイジー。リアピックアップのケーブルはシールドされていないし、ピックアップやサーキットのザグリ内も手付かず。配線をシールドケーブルにし、銅シールでも貼らなきゃダメかなぁ・・・。
しかし、先ず、パワー不足を解決しなきゃなぁ・・・。
elk16
パワー不足は、ピックアップを交換するしかないと思うし、シールド化は、それを解決してからの問題なので、直ぐにはできない。
ま、一応音が出たので、とりあえず完成としてしまおう。ザンザン。

そんな事より、明日、知人の結婚式。
挨拶を仰せつかっているのに、何も考えておらず、実は、かなり焦っている。
ホントーは、こんな事している暇はないのだ!さて・・・。

最近入手した、嬉し懐かしのELK。
elk1
普段、エレキはほとんど弾かないので、ただ飾って置くつもりでいたが、やはりちゃんと鳴らない楽器は寂しい。 で、とりあえずでもF、R共音が出るように何とかしようと、決意。 問題のリアピックアップ。
ELK 2
単純に断線くらいなら、何とか直せるかな?と、思ったが、故障個所分からず。
elk1-2
どうもよく見るF社のシングルやG社のハムとは構造そのものが明らかに違う様相で。 知識もないのに無闇にいじって、再生出来るものも出来なくしてしまうのもマズイので、とりあえず、別のPUを着けることにした。 ただ、ボディーはいじりたくないので、オリジナルのザグリに収まる物を探さねば。 幅が狭く、見た目でハムは無理。もしや・・・と、思ったが、P90も幅が足りない。 やはり、F社系のシングルしかないようだ。 試しに、手元にあった、テレのリアピックアップを充てがってみた。 しかし、テレのリアピックアップは、装着時には見えないが、底の部分にあるプレートに出っ張りがり、上手く入らない。 ネットでみると、ストラト用なら、収まりそうなものがあるようだ。 で、中古で出来るだけ下部の出っ張りのないものを入手。

ザグリとの隙間は、エスカッションで隠そうと思うが、ピックアップのサイズが違うので、元々付いているもは使えない。 当然、パーツで手に入るようなものではないので、自作することにした。 プラスチックや厚いアクリル板の加工は難しそうなので、木製にすることに決定。 ネット通販でローズウッドの板をget。

ELK11
オリジナルより1mm程厚いが、許容範囲と判断。外周をオリジナルのエスカッションから採寸し、中側は、ピックアップに合わせて、ノコギリとカッター、ヤスリで形成。 この作業、思った以上に難儀で、時間がかかり、いやはや。
ELK12
ところで、このギター。見た目はソリッドだが、表板と裏板が貼り合わせてあり、その間に、部分的にだが、若干の隙間(空洞)がある。セミアコとは言えないが、プチシンラインってところか?
ELK14
さて、本日の作業はここまで。次はいつできるかなぁ・・・つづく。

6月10日で、術後2ヶ月が経過した。
親指は、もうほとんど違和感がなく、シワ(手相?)にそって、メスを入れたので、傷跡も、言われなければ分からな状態になった。

中指は、1ヶ月前に感じた付け根の痛みはなくなったが、相変わらず、かなりの違和感がある。
自力では指が真っ直ぐにならず、強く握ってもまだ指先が掌につかない。
朝、寝起きの時はが特に難儀。
先月末の検診(一応、最終)では、経過は問題ないので、無理のない範囲で、ゆっくりグーパーを繰り返すストレッチ(リハビリ)をするようレクチャーを受けた。
20130611-2
ところで、担当医からのアドバイス。 このグーパーストレッチ。実はばね指とは関係なく、結構大事で、健康な(掌、指に問題がない)人でも、歳をとると他の関節同様、指の関節も硬くなり、しっかりグーパーが出来づらくなる事もある。と言う。 ある程度の年齢になったら、腰や四肢のストレッチ同様、指も時々ストレッチすることが大切とか。 そう言えば、昔クルミ2個を片手で握り回しカリカリさせているオジサンを時折見かけたが、最近そんな人いないなぁ・・・って、あれは指のストレッチとは関係ないか?
20130611クルミ

このページのトップヘ