バンドやろうぜ♪

2013年08月

月に1回あるかないか・・・で、ゆるゆる行っている「俄組」のライブ。
何と、来月(9月)は、2回も予定されている。

先ずこちら・・・
9月15日(日)に須坂市の臥竜公園南側にある長野県立須坂看護専門学校前の百々川河川敷で行われる「須坂フェス2013」。
http://hiroin3.wix.com/suzakafes
ねるとんの主題歌や長野県では「も~っとパワー♪」のリッチミンDの曲でお馴染みの溝口倫子さん率いる、「溝口倫子&二ッ屋ブラザース」はじめ、須坂市に縁のある12バンドが出演。
また、ステージ周りには須坂市を代表するグルメなお店が出店。
入場料は無料!お腹を空かしてお越し下さい。

そして、9月21日(土)は長野駅近くのフォーク酒場「拓郎age」。
http://takuroage.com/index.php?FrontPage
泉谷しげる、荒井由実、、KinKi Kids、高田渡、T.M.Revolution、中島みゆき、はっぴいえんど、福山雅治、堀内孝雄、南こうせつ(敬称略)などなど、多くのアーティストのレコーディングやライブに参加している、日本を代表するブルースハープの第一人者「松田幸一」さんhttp://www.ari-times.com/のライブでオープニングアクトを務めます。



去る818日(日)、長野市飯綱スキー場のハイランドホール飯綱で恒例の「Picnic Liveが開催された。
DSCN2048
長野市を中心に活躍するアマバンドが10数組出演。
演奏を楽しむのは勿論だが、客席となるゲレンデにそれぞれテントやタープを設置し、サナガラBBQ大会となる。 「俄組」も、3年ぶり?に参加。
DSCN2030
DSCN2164






DSCN2056HくんとAPさんが中心となり、ステージ下手にテントを設営し、お店?を広げた。 メンバーやいつもライブに足を運んでくれる仲間が集まり大BBQ大会! 演奏はそっちのけ?で、いや~飲んだ!食った!!
ところで、今年で13回(年)目を迎えたこのLive、実は、友人で元俄組のメンバーでもあるyodamanの個人主催。個人でこれだけのイベントを13年も続けている。
いやはやその気力と労力、そして、資金力?には頭が下がるばかり。日頃から音楽活動にとても熱心で、彼ほど、長野のアマチュアミュージシャンの活動や、音楽の普及に貢献している人物も少ないだろう。 現在参加している人たちは昔と大分顔ぶれが変わったので、その成り立ちを知る者は少ないと思うが、かなり前から、その歴史が始まっている。
今から40余年前、長野のとある町に音楽好きの若者が集まり、学校や職場を越えたサークルのようなものが出来た。主に自分達や仲間の、そして、時にはプロのミュージシャンを呼んでのライブ(コンサート)を行う集団だった。 あたしは、初期の頃しか知らなかったが、その後何年も続き、関わった人はかなりの数になり、今でも、何がしか音楽に携わっている人も多いと言う。
DSCN2044
そのサークルも時代の流れとともに、自然消滅的になってしまったようだが、それでも一部の人たちは細々と?その活動を続けていたらしい。 そのマトメ役の一人がyodaman20年程前に何故か新旧の仲間が集まり、久しぶりの交流会をしようと言う事になり、志賀高原に集合した。かつてのハナタラシ高校生もそれなりに大人となり、パートナーや子供を伴っての親睦会だった。 この集まりは、34年続けれただろうか?しかし、仲間もそれなりのおじさんおばさんになり、子供たちも大きくなると、中々集まるのも難しくなり、またも休眠状態か?と思われた矢先、yodamanが心機一転、本来の「音楽」に立ち戻るヒットを放つ。それが、「Picnic Live」である。
かつての仲間から門戸を広げ、長野市を中心に活動するアマチュアミュージシャンに声を架け、スタートしたのが13年前。今や、毎年恒例となった。
DSCN2170
継続は力。先にも触れたが、yodamanの尽力には頭が下がるばかりである。
ありがとうyodaman!
大変な事は容易に想像できるが、この先も続けて頂けたら・・・と、切に願う。
DSCN2087
※本Blogの内容は筆者個人の記憶によるもので、記憶違い勘違い大間違い等、
 事実と異なる記載がありましたらごめんなさい。

各地で夏フェス真っ盛り。我が俄組も幾つかのイベントに出演させて頂いたり、これからも予定されている。
こういったお祭りをキッカケに、益々世の音楽シーンが盛り上がってくれれば嬉しい限り。


ところが先日、そんなお祭り騒ぎの片隅でチョイとショックな話を耳にしてしまった。
地元にある一番お気に入りで、最もお世話になった楽器店の店長さんが今月いっぱいで店を離れると言う。 このお店、小中学校の授業で使われるような楽器はほとんど置いてなく、品揃えを絞り込んだロックな店だ。リハスタも備えている。 30数年前にオープンした当時は、別のオーナー店長だった。 程なく、現在の店長さんがオーナーとなり引き継ぎ、以来30年。 地元のロック野郎(勿論、ガールズも)の良きアドバイザーとして頑張っていらした。 しかし、音楽を取り巻く様々な産業が生業としての低迷に喘ぐ中、楽器店も例外ではないようで、何年か前から廃業してしまうお店も目立つようになってしまった。 特に、小中学校の指定やバックにスポンザーなど持たぬ小規模・個人経営の店舗は大変そうだ。 このお店も、数年前、店長さんはそのまま、オーナー権をとある企業に譲り渡したという。 資金的なバックボーンを得て、心機一転頑張っていらっしゃったが、経営的にはあまり好転することがなかったのか、バックアップしていた企業も限界を迎えてしまったようだ。 お店は別の方に経営権を譲渡し、楽器屋さんとして継続されると言う。そして、ミュージシャンでもある現店長は、より、自身の音楽に専念する時間が取れるようになるだろうと言う。せめてもの救いか。 お疲れ様。そして、ありがとう。 新オーナーには、引き続き地元ミュージシャンの良きアドバイザーとして、そして、音楽シーンを少しでも元気付けるよう、是非頑張って頂きたい。

1日に長野市の南千歳公園(ぽっぽ公園)で行われた「2013サマーライブinちとせ」に出演させて頂いた。
ライブスペースの周りには、沢山の屋台が出、会場はさながらビアガーデン。誠に盛り上がったイベントだった。
ま、このような模様しには、必ずナニカがあり、モノを仰る方もいるのだが、多くのお客さんの表情から、大成功と言ってイイのではないだろうか。
お集まり頂いた皆さんに感謝。そして、何よりWくんはじめ、運営スタッフの皆さんに大感謝!お疲れさま。ありがとうございました。

俄組セットリスト
①雨のマロニエ通り
②ハイウエイバス
③銀河特急
④500マイル
⑤三連符
⑥斑猫の帽子

このページのトップヘ