昨年末、ROLLING STONES の BLUE&LONESOMEを聞いて、突然自身のハーモニカの音をもうチョイ何とか出来んものかと思い立ってしまった。
IMG_20170219_162804
勿論、それなりの腕(技術)と機材があれば問題はなかろうが、機材なし、購入資金なし、腕もなし・・・。ま、そんなことは棚に上げておいて・・・と。
便利な世の中で、ネットをウロチョロしてみると、どうやら 50kΩ 位のハイ・インピーダンスなマイクをディストーションの効くギターアンプで鳴らすと、MICKのHARPみたいなsoundになるらしい。
おお、それなら何とかなるかも💡
数年前、物置を整理した時に出てきた、その昔アマチュア無線にハマっていた頃の残骸やら、オープンリールのテレコに付いていた古いマイク(捨てなくてよかった!)を改めて引っ張り出し、プチ改造。
DSC_2965
AIWA(右下・blackbodyに銀のスクリーン)とSONY(左下・グレー)は筐体内部に余裕があったので、ボリュームを増設。劣化してガチガチになってしまっている直出しケーブルを取り払い、キャノンプラグ仕様とした。
双方ともアルミダイキャスト製なので、手作業での削ったり穴を空けたりはイヤハヤで御座ったが、まあ、見た目はそれっぽく仕上がったと自画自賛。
メーカー不明、インピーダンスも不明の2つ(上列・金ピカスクリーンとベージュの丸こいやつ)は、NGケーブルのみ交換。今後どう調理するか思案中。

で、肝心なのはそのsound!
本当なら気持ちよく歪むFENDER ChampとかVOX AC4など欲しいところだか、そこまでしたら(出来ないけど)自己破産・家庭崩壊は必至。

ここは、何故か家にあるミニアンプで我慢。
IMG_20170219_162710
で、試奏。
ややや、いいではないかい?たった5Wの豚鼻くん(中央)やメーカー?の10Wアンプ(右)は勿論、ROKBUG DTA-1(左)なる、プラスティックのおもちゃアンプ(ま、みんなおもちゃだけどネ)もそれっぽい音じゃないかい?
しかし、久しぶりの半田付作業、進行性老眼の身にはこたえるわい ザンザン。