指を手術して、自宅療養中。
暇なので、今更ながらブログなんぞを開設。
しかし、何をブログればいいか?
で、備忘録を兼ねて機材の整理。
と言うことで、最も付き合いの長いこいつから・・・。
DSCN1633

約40年前、知人の紹介で某楽器総合商社の倉庫へ。
そこには国産は元より、新品のMartinやGibson等、高級品がズラリ。
逸る心を抑えながら手当たり次第試奏。
ところが何台か弾くうちに、頭のなかには?が・・・。
たしかに夢にまで見た憧れのguitarを抱えているのだが、
腕が悪いのか、新品だからなのか、何れにしてもどれもシックリ来ない。
その時、フト目に留ったのが、片隅にある少々傷んだギターケース。
中には下取ったと言うJ50。
余り、綺麗とは言えない、7-8年前?の中古だが、何となく胸騒ぎ。
新品弦を張ってもらいチューニング。
ポロンと鳴らした瞬間、殆ど心は決まった。
恐る恐る?値段を聞くと、今では信じられないような価格。
今でこそ、古い楽器をオールドだのビンテージだのと、訳の解らない価格が付いている事があるが、
当時は、一部のホントに希少価値のある物を除き、そんなに騒がれていなかったと思う。
ましてや、7-8年前の下取り品ではオールドでもビンテージでもない、只の中古なので当たり前か。
で、即お買い上げ。
以来40年、メンテもせずの酷使や、音楽と離れてから長期押し入れの住人となっていた為か、
ネックは反るはトップは割れるはでダメージ大。
10年程前、バンド活動を再会した時に、県内に工房を持つ某ルシアーに、
何とか使えるようにメンテしてもらったが、やはりご老体、
ここ数年、別の奴にメインの座を奪われ隠居状態。
しかし、たまには鳴らしてやらんとなぁ・・・。