バンドやろうぜ♪

カテゴリ: Live

よしあきポスター&フライヤー

宮川良明 
この春62年の人生に幕を下ろしてしまった

高校2年の時に出合った
途中ブランクはあったものの 
45年
公私ともに深く長く共に過ごした唯一無二の友である

あの日から3か月
余りに多くの事柄が頭の中を廻り
どう受け止めればいいのか
回答が見つからなかった

15年程前に体調を崩し
以来
病魔と闘っていた
苦しくつらい毎日であったろう
しかし
歌うことに対しての情熱を常に持ち続け
最後の最後まで
ステージに拘った

もはや本人は歌うことが出来なくなってしまった
しかし
奴を
奴の歌を
愛してくれたみんなの心に
奴の歌が蘇り
響き
聴こえる
そんなライブが出来たら

宮川良明の魂
永遠なり

人間年を取ると望むものが変わってくる
ここまで来ると金や名誉はいらない(ま、望んでも今更無理だけれどね)
ただ日々を健康に過ごせることと
気のおけない 何人かの友があれば

201701082
                                                                                           photo by miko


201701083
                                                                            photo by BOSSA staff

毎年幹事長を務めてくれるHはじめ
素敵な仲間たち
ありがとう
今年も 宜しく!

2015年6月7日()長野市のライブハウス「India Live The Sky」で
開催の「加奈崎 芳太郎 Live」にご一緒させて頂きます

1506ポスタ-ol
加奈崎さんと言えば、言わずと知れた元「古井戸」のVocal

で、先日驚き?情報
古井戸解散以来、共演することのなかった(らしい)
もう一人のメンバー「仲井戸 Chabo 麗市」さんの
「Debut 45th Anniversary
ゲスト出演が決定したと!
6/7には、加奈崎さんから長い間実現しなかったChaboとの再会に至った裏話など
聞かれるかも?


そして、俄組
niwakagumi
このライブの後、メンバー病気治療のため、またまたしばらく活動休止
状態
と、諸々話題豊富(かも)

6/7 Skyね♪





先週の土曜日、幾多の予定やお誘いを掻き分け、上田に行ってきた
目的はこれ

1431836861960
そう、四人囃子のトリビュートライブ
11008783_787546868008671_4566617650222967944_n
トリビュートと言っても、ドラムの岡井氏とキーボードの坂下氏は等のご本人
オリジナルメンバー!
目を閉じなくても、そこに四人囃子がいたのです
ギターの稲葉さん、ベースの駒沢さんもオリジナルを見事に再現され
懐かしくも大変聴き応えのあるライブだった

長老、Miさんありがとう!
1431836843757


もしも、まだお聞きになった事がない方がいらっしゃいましたら
四人囃子のアルバムはどれも日本の音楽史に残る名盤だが
その中で特に1枚と言われたら、これかな!?
DSC_0413
機会があったら、是非!

極少数の方からでは御座いますが、リクエストにお答えし・・・。
但し、Dr.OとVo.Mは、未承認のため、今ンところ非公開。

sc0000
〈1975年の上旬? どこかのスタジオかライブハウスの控室?〉

sc0002
〈頭チリジリなので、1975年夏以降 今は無きフォノグラムのスタジオ〉

今の社会状況からは考えられないことだが
’70年代までロックやフォークは不健全な音楽で
ましてやそれを演奏する連中は
危険極まりないな不良の集まりという風潮があった。
'60年代は、学校でロックコンサートに行くことを禁止したり
ギターを持ってるだけで不良という偏見が普通にあった。
’80年代前半まで、男子の髪は耳にかかるのは禁止。
基本丸刈り、何て言う中・高校もかなりあった。
今じゃ、丸刈りの高校の方が何だか怖いイメージがある?が・・・。
'75-6年頃のおいらは、ギターケースを抱え、ボサボサ長髪にボロジーンズ
絵に描いたような不良少年であったって事だな。
それが今ではすっかり更生して・・・いや、立派な不良中年に成りましたとさ。
♪ザンザン

世間は北陸新幹線長野-金沢間や上野東京ラインの開業など、
何だか、ドンドン進んでいるようなので
チョイと昔を振り返ってみました。
しかし、昔のことを懐かしむって、歳とった証拠だな。




このページのトップヘ