バンドやろうぜ♪

タグ:ブルースハープ

昨年末、ROLLING STONES の BLUE&LONESOMEを聞いて、突然自身のハーモニカの音をもうチョイ何とか出来んものかと思い立ってしまった。
IMG_20170219_162804
勿論、それなりの腕(技術)と機材があれば問題はなかろうが、機材なし、購入資金なし、腕もなし・・・。ま、そんなことは棚に上げておいて・・・と。
便利な世の中で、ネットをウロチョロしてみると、どうやら 50kΩ 位のハイ・インピーダンスなマイクをディストーションの効くギターアンプで鳴らすと、MICKのHARPみたいなsoundになるらしい。
おお、それなら何とかなるかも💡
数年前、物置を整理した時に出てきた、その昔アマチュア無線にハマっていた頃の残骸やら、オープンリールのテレコに付いていた古いマイク(捨てなくてよかった!)を改めて引っ張り出し、プチ改造。
DSC_2965
AIWA(右下・blackbodyに銀のスクリーン)とSONY(左下・グレー)は筐体内部に余裕があったので、ボリュームを増設。劣化してガチガチになってしまっている直出しケーブルを取り払い、キャノンプラグ仕様とした。
双方ともアルミダイキャスト製なので、手作業での削ったり穴を空けたりはイヤハヤで御座ったが、まあ、見た目はそれっぽく仕上がったと自画自賛。
メーカー不明、インピーダンスも不明の2つ(上列・金ピカスクリーンとベージュの丸こいやつ)は、NGケーブルのみ交換。今後どう調理するか思案中。

で、肝心なのはそのsound!
本当なら気持ちよく歪むFENDER ChampとかVOX AC4など欲しいところだか、そこまでしたら(出来ないけど)自己破産・家庭崩壊は必至。

ここは、何故か家にあるミニアンプで我慢。
IMG_20170219_162710
で、試奏。
ややや、いいではないかい?たった5Wの豚鼻くん(中央)やメーカー?の10Wアンプ(右)は勿論、ROKBUG DTA-1(左)なる、プラスティックのおもちゃアンプ(ま、みんなおもちゃだけどネ)もそれっぽい音じゃないかい?
しかし、久しぶりの半田付作業、進行性老眼の身にはこたえるわい ザンザン。

最近、全く個人的ではありますが、ハーモニカブームが再熱し、大ハマリ。
以前から使っているTombo
majorboy

やHOHNER
blues harp


がそろそろお疲れモードなので、ボチボチ新調も視野に次なる楽器をネットでリサーチ。 いやあ、いろいろあるもんですなぁ・・・。 田舎の楽器屋に置いてある10HOLESと言えば、TomboかHOHNERのblues harp、Marine Band辺りがほとんどで、それ以外の機種にはなかなか遭遇できない。また、例えあったとしても、ハーモニカは直接口を付けて出音すると言う特性上、滅多に音を確認(試奏)出来ない。 そんな折、松田幸一さんのを拝聴する機会に恵まれた。 演奏は勿論だが、お使いの楽器にも興味深々。さすがプロ、楽器の特性が如実に出る。 いい勉強になった。 で、松田さんの演奏とご意見を大いに参考にさせて頂き、改めてネット検索。 欲しいものリストが完成した。
しか~し!ここからが大問題。ご予算が大幅にオーバー。非現実的なものとなってしまた。                                      つづく

ハーモニカは、誰でも一度は吹いた事があるだろうし、例え経験がなくとも、直ぐ吹けるようになるシンプルな楽器だが、それだけに奥が深い。

バンドをやっていると、楽曲によってはその音が欲しくなる事がある。
「俄」&「俄組」では、何故かおいらの担当。
1
ハーモニカには様々な種類・仕様があるようだが、主に使うのは「ブルースハープ」。 長さが10cm程の手の平にスッポリと入ってしまうサイズで、穴が10個のシンプルなハーモニカ。
テンホールズハーモニカ、ダイアトニックハーモニカ、マウスオルガンなどとも呼ばれ、ブルースやロック、フォークなどで良く使われる。 因みに、「ブルースハープ」はホーナー社の固有の商品名との事。

このブルースハープ、普及品なら1つ2~3、000円と楽器としては安価なのだが、問題は、1つでは勝負しにくい事。 詳しく記すとヤヤコシイし、長くなるので、訳をお知りになりたい人はネットででも調べて頂く事にして、ブルースハープは、和音が出せるように音が配列されているため、曲の調子(key)にみあった調子の物を用意しなくてはならない。 そのため、長調で12種類(メーカーによっては、FとGにオクターブ違いも用意されているので、14種類)と、短調用のマイナーが用意されている。 全部揃えようと思ったら、20本以上。一つ2、500円としても50,000円。
自分が気に入っている物は、1つ5、000円程なので、これで揃えると、メインギターより高額。大台に乗ってしまうでないかい? しかも、他の楽器に比べ寿命が短い?ので、何時不調になっても慌てないように、頻繁に使うKeyは、複数所有する。 また、直接口につけて鳴らす楽器なので、他人の物をチョイと拝借。と言う訳には、なかなかいかない。 因みに、安い物なら500円前後の物も販売されているが、耐久性や吹き(吸い)心地、音質、そして何より、音程の確かさなどから、「楽器」としてお考えの方には、オススメ出来ない。
まぁ、専門的なハーピストでない限り20本(種類)も用意する必要はないと思うし、自分は、全てのKeyが必要な程、レパートリーがある訳ではないので、実際には4~5本(種類)あれば事足りるのだが、セッションしたり、2nd Key が必要だったりするので、気がつくと、いつの間にか10種類超。
Keyのだぶっている物もあるので、所有しているのは、15本程かな。
2

ところで、最近、鈴木さんちのカバーまで木で出来た「PURE HARP MR-550」とか、
3
純正律チューンの「ファビュラス F-20J」
4
そして、通常の吹き・吸いリード20枚に、何とベンド用の隠れリード?が10枚装着された?「ULTRA BEND SUB30」
sub30
に興味深々。しかし、何れもブルースハープとしては、とても高価なので、なかなか手が出ない。
ま、レパートリーも少ないし、専門的にやっている訳でもないのでネ。
 
先日、7月6日(土)で行うライブで、とある曲をリストに入れることにしたところ、Vo.が、ハモニカを所望。 それはいいが、問題は、今まで出番のなかったKey。 持ち物がまた増えた。ザンザン。

このページのトップヘ