40ほど前、松本に「むじょんじょん」なるバンドがあった。
丁度おいらがギターを弾き始めて、身の程知らずにライブなどに参加し始めていた頃だ。
9月29日に書いた『「1972年フォーク・コンサート一覧」と言う資料』と言うblogの資料の中(見難くてすまんです)にかなりの回数で出てくる。
何年かして、解散してしまったが、そのメンバーの一人、Tさんは、ボランティア活動の一環としてバンドを組み、以前から地元松本を中心に活動されている。
5年程前、松本市民芸術館でとある地元ミュージシャンの活動40周年記念コンサートでご一緒させて頂いた。

もう一人のメンバーMさんは、「むじょんじょん」解散後、東京で某有名ミュージシャンのバンドに加わり、プロとして活動。その後、自身のバンドを組み、レコード(当時はCDではございません)も何枚かリリース。その1曲は誰もが良く知る飲料水のCMソングにもなり、40歳以上の方ならきっと聞き覚えがあるに違いない。
さて、そのMさん、その自身のバンド解散後、郷里の松本にお戻りになったような話を耳にしたが、その後はほとんどお噂も聞かなくなってしまった。ところが、2程前に知り合った松本在住の方から、最近、「むじょんじょん」が再結成され、音楽活動を再開したと聞いた。

時々ライブをやると言う店も教えてもらい、その店のHPのライブ情報を見ると、あるではないか「むじょんじょん」の文字が。
おいら以上に、Mさんとの関わりの深い、「俄」&「俄組」のVo.M(同じMさんで紛らわしいのはご勘弁)と一度聴きに行こうと言う話になり、先日、「俄組」の影のジャーマネHを伴い、おっさん3人で松本へ出かけた。

会場の「HANA」と言うお店はアコースティック生演奏と韓国家庭料理の店とうたっており、ん?焼肉屋さんでライブか?と思ったが、行ってびっくり!とても綺麗で雰囲気も良く、立派なステージに機材も揃っている。
スペース的にも、キャパ30~50人ほどであろうか、丁度いい感じ。
料理も韓国の家庭料理とやらで美味いし、店主も大変感じの良い方。

お店に伺った時はリハーサル中だったが、簡単なサウンドチェックで程なく本番。
mujyonjyon
勿論、約40年の歳月を隔てての再結成なので、皆さんそれなりのおじさんだが、往年のヒット曲から最近のオリジナルまでトークを交えてあっという間の2時間。
因みに、この再結成された「むじょんじょん」は、初代のオリジナルメンバーからなり、先に触れたTさんは2代目むじょんじょんのメンバーなので参加されていない。

約40年ぶりにお会いしたMさん。頭に白いものが目立つが、歌は勿論、変らず痩身の男前でった。
演奏後、あれやこれら昔話に花咲き、そして近況報告。話は尽きず名残おしいが、日付変更線を越えそうになったので、次は対バンを約束して松本「HANA」を後にした。

絶対、近々対バンするからね。