バンドやろうぜ♪

タグ:俄

昨年末、ROLLING STONES の BLUE&LONESOMEを聞いて、突然自身のハーモニカの音をもうチョイ何とか出来んものかと思い立ってしまった。
IMG_20170219_162804
勿論、それなりの腕(技術)と機材があれば問題はなかろうが、機材なし、購入資金なし、腕もなし・・・。ま、そんなことは棚に上げておいて・・・と。
便利な世の中で、ネットをウロチョロしてみると、どうやら 50kΩ 位のハイ・インピーダンスなマイクをディストーションの効くギターアンプで鳴らすと、MICKのHARPみたいなsoundになるらしい。
おお、それなら何とかなるかも💡
数年前、物置を整理した時に出てきた、その昔アマチュア無線にハマっていた頃の残骸やら、オープンリールのテレコに付いていた古いマイク(捨てなくてよかった!)を改めて引っ張り出し、プチ改造。
DSC_2965
AIWA(右下・blackbodyに銀のスクリーン)とSONY(左下・グレー)は筐体内部に余裕があったので、ボリュームを増設。劣化してガチガチになってしまっている直出しケーブルを取り払い、キャノンプラグ仕様とした。
双方ともアルミダイキャスト製なので、手作業での削ったり穴を空けたりはイヤハヤで御座ったが、まあ、見た目はそれっぽく仕上がったと自画自賛。
メーカー不明、インピーダンスも不明の2つ(上列・金ピカスクリーンとベージュの丸こいやつ)は、NGケーブルのみ交換。今後どう調理するか思案中。

で、肝心なのはそのsound!
本当なら気持ちよく歪むFENDER ChampとかVOX AC4など欲しいところだか、そこまでしたら(出来ないけど)自己破産・家庭崩壊は必至。

ここは、何故か家にあるミニアンプで我慢。
IMG_20170219_162710
で、試奏。
ややや、いいではないかい?たった5Wの豚鼻くん(中央)やメーカー?の10Wアンプ(右)は勿論、ROKBUG DTA-1(左)なる、プラスティックのおもちゃアンプ(ま、みんなおもちゃだけどネ)もそれっぽい音じゃないかい?
しかし、久しぶりの半田付作業、進行性老眼の身にはこたえるわい ザンザン。

極少数の方からでは御座いますが、リクエストにお答えし・・・。
但し、Dr.OとVo.Mは、未承認のため、今ンところ非公開。

sc0000
〈1975年の上旬? どこかのスタジオかライブハウスの控室?〉

sc0002
〈頭チリジリなので、1975年夏以降 今は無きフォノグラムのスタジオ〉

今の社会状況からは考えられないことだが
’70年代までロックやフォークは不健全な音楽で
ましてやそれを演奏する連中は
危険極まりないな不良の集まりという風潮があった。
'60年代は、学校でロックコンサートに行くことを禁止したり
ギターを持ってるだけで不良という偏見が普通にあった。
’80年代前半まで、男子の髪は耳にかかるのは禁止。
基本丸刈り、何て言う中・高校もかなりあった。
今じゃ、丸刈りの高校の方が何だか怖いイメージがある?が・・・。
'75-6年頃のおいらは、ギターケースを抱え、ボサボサ長髪にボロジーンズ
絵に描いたような不良少年であったって事だな。
それが今ではすっかり更生して・・・いや、立派な不良中年に成りましたとさ。
♪ザンザン

世間は北陸新幹線長野-金沢間や上野東京ラインの開業など、
何だか、ドンドン進んでいるようなので
チョイと昔を振り返ってみました。
しかし、昔のことを懐かしむって、歳とった証拠だな。




おっさん5人のバンドともなると、仕事やら体調やら?と、なかなかスケジュールの調整が難しく、
気が付くと昨年の9月以来、半年近く全員揃ってのライブは行っていないのである。
ボチボチやっとかないと世の中から忘れられそうなので(って知っている方も少ないが・・・)、久しぶりに長野市の「India Live The SKY」の『Acoustic Select Wednesday Super Special』に全員集合!
で、その後の予定は未定・・・と、言うより、諸事情によりしばらく休眠状態になりそうなので、御用とお急ぎでない方はぜし!
niwakagumi
場所:India Live The SKY(長野市南長野北石堂1399北石堂ビル3F)
TEL/FAX : 026-225-5744
日時:2015年02月11日 (水・祝) START 15:00 ※俄組は18:00~の予定
出演: 俄組/長谷川綾/エイトヤマザキ/jun./仕事ガエリーズ/うえはら/ yamazaking/ 884/ yamy(神奈川) ...and more
前売券: 1500円 当日: 2000円 

先日、その昔事務所の代表兼managerをしてくれていたMr.Tから送られて来た古い写真の中の1枚。
IMG
1975頃(photo/?)

おいらの楽器がGのJじゃないので、もしかしたら1974年かも?
しかし、機種こそ違いDr(当時は見習い).OはFV(最近、同じタイプのを・・・)、
v
2015(photo/kaoru48)

また、当時日本じゃ手に入らなかった?アコギ用貼り付けピエゾPu「BARCUS BERRY」を使い、アコギなのに楽器用のMicなし(今じゃ当たり前)。しかも、足元が見えないがPhaserやComp、Fuzz、Delay等を接続(勿論、エレキ用)「お前らア〇か!」って言われたな(笑)。
4P7A7197
2014.5(photo/Tonomura)

そして、3人の並びも全く同じ。
勿論、足元にはeffector。進歩ない?が(汗)、確実に歳はとったな・・・。
ザンザン。

今や日本のポップス界の大物?だが、その昔は、ちっちゃな個人音楽事務所の代表で、何と、俄のマネジャーをしてくれていたMr.Tから、ん十年もたった今になって、突然、当時の音源と本人たちは見たことがなく、撮られたことも記憶に残っていない多量の写真が送られて来た。
DSC_0142
懐かし嬉しだが、それ以上にいやはや恥ずかし!
「メンバーで分け合ってね」とのメッセーを頂いたが、誰にも見せられん(汗)。

このページのトップヘ