バンドやろうぜ♪

タグ:松田幸一

今でも40年以上前のハーモニカ(正確には10Holes Diatonic Harmonicaと言うらしい) が手元にある。
トンボケース①トンボケース②
HOHNERの「BLUES HARP」とTOMBOの「Folk Blues」。 音は出そうだが、少々かび臭いので分解掃除をしようと思ったが、何と「BLUES HARP」は、本体(コーム)とカバーがネジではなく、釘で打つ付けてある。細いマイナスドライバーでこじ開けてみると、本体とリードプレートも釘で固定してある。しかも、何れの釘も錆ており、再利用が難しい。 近くのホームセンターで代わりを探してみたが、1cmにも満たない小釘は置いてないようだ。 なので、現在作戦検討中hohnerケース③
そして、今、使っているのはこちら。
ケースに入りきらないモノもあり、それらはピックやカポと一緒にギターケースの中。 メーカーはバラバラだが、同じキーのもある。これには理由があって、予備は勿論だが、他の楽器と同様、ハーモニカもメーカーや機種、使っている素材で結構音質が違う。加えて、メロディーに適した「平均率」とコードに適する「純正率」と言う、2つのチューニングがあって(ま、おいらにはその違いが出るほどテクはないがね)。 で、いつの間にか本数が増えてしまう。 これだけあれば、用は足りるだろうと思うが、ドッコイ、ハーモニカは奥が深い。 先日、松田幸一さんに刺激され、ネットでまたまた1ポチってしまった。 crossover
本体が木製の(昔の)ハーモニカは、音は好きなのだが、使っている内にその木部に唾液が染み込んで膨張し、カバーから飛び出すことがある。こうなると演奏し難いし、唇を切ってしまうことがある。そんな訳で、ここ数年は本体がプラスティックや金属(アルミ?)のモノを使っていた。 ところが、最近では(ってかなり前から)塗装技術が上がったのか、木製でも水分を含んで膨張することはないらしい。 しかも、HOHNERの「MarinBand Crossover」は、本体が木製と言っても、竹で響きが心地よい。 ただ、唯一困ったのは、そのお値段。ネットで格安を探しても1本5,000円超。やっとこさ1本ゲット。 次は何時になることやら。
さらに、リードがステンレス(一般的にはブラス)製の
これ
SEYDEL 1847 Classic
に興味深々。
また、一般的な
10Holesより、オクターブ下(キーによっては2オクターブ下)のこれ thunderbird①
何れも、田舎の楽器屋さんではお目にかかったことがない。
特に、ThunderbirdなんかでBLUESやったら、さぞかし気持ちいいいだろうな・・・。

                               つづく・・・かも。

最近、全く個人的ではありますが、ハーモニカブームが再熱し、大ハマリ。
以前から使っているTombo
majorboy

やHOHNER
blues harp


がそろそろお疲れモードなので、ボチボチ新調も視野に次なる楽器をネットでリサーチ。 いやあ、いろいろあるもんですなぁ・・・。 田舎の楽器屋に置いてある10HOLESと言えば、TomboかHOHNERのblues harp、Marine Band辺りがほとんどで、それ以外の機種にはなかなか遭遇できない。また、例えあったとしても、ハーモニカは直接口を付けて出音すると言う特性上、滅多に音を確認(試奏)出来ない。 そんな折、松田幸一さんのを拝聴する機会に恵まれた。 演奏は勿論だが、お使いの楽器にも興味深々。さすがプロ、楽器の特性が如実に出る。 いい勉強になった。 で、松田さんの演奏とご意見を大いに参考にさせて頂き、改めてネット検索。 欲しいものリストが完成した。
しか~し!ここからが大問題。ご予算が大幅にオーバー。非現実的なものとなってしまた。                                      つづく

9月21日(土)長野市の拓郎ageで行われる「松田幸一ライブ」でオープニングアクトを務めさせて頂く予定だった「俄組」ですが、都合により出演出来なくなりました。申し訳ありません。謹んでお詫び申し上げます。
勿論、松田さんの素晴らしいライブは行われます。お見逃し、お聴き逃しなく!

月に1回あるかないか・・・で、ゆるゆる行っている「俄組」のライブ。
何と、来月(9月)は、2回も予定されている。

先ずこちら・・・
9月15日(日)に須坂市の臥竜公園南側にある長野県立須坂看護専門学校前の百々川河川敷で行われる「須坂フェス2013」。
http://hiroin3.wix.com/suzakafes
ねるとんの主題歌や長野県では「も~っとパワー♪」のリッチミンDの曲でお馴染みの溝口倫子さん率いる、「溝口倫子&二ッ屋ブラザース」はじめ、須坂市に縁のある12バンドが出演。
また、ステージ周りには須坂市を代表するグルメなお店が出店。
入場料は無料!お腹を空かしてお越し下さい。

そして、9月21日(土)は長野駅近くのフォーク酒場「拓郎age」。
http://takuroage.com/index.php?FrontPage
泉谷しげる、荒井由実、、KinKi Kids、高田渡、T.M.Revolution、中島みゆき、はっぴいえんど、福山雅治、堀内孝雄、南こうせつ(敬称略)などなど、多くのアーティストのレコーディングやライブに参加している、日本を代表するブルースハープの第一人者「松田幸一」さんhttp://www.ari-times.com/のライブでオープニングアクトを務めます。



このページのトップヘ