ピックアップやエフェクター同様、最近では、アコースティック楽器専用のアンプもある。
アコギの場合、ステージ用のモニタースピーカーのあるハコなどのライブでは、
ギター(ピックアップ)→DI(エフェクター)→PAミキサー
と、継なぐので、ギターアンプの必要性を感じていないが、普段ライブなど余りやらないCafeや野外などでは、そのモニターが不十分で困る事がある。
バンドの場合は他のメンバーの音がよく分からず、演奏に支障を来す。
そこで、必要となるのがアンプ。勿論、小スペースならPA替わりになるし、リハの時は常用している。

その、アコギ用アンプ。様々なメーカーから魅力的な製品が多々発売されているが、サイズ、パワー、率直な出音など気に入り、今のところ、この「SChERtLER DAVID」に落ち着いている。
DAVID

しかし、最近「Markacoustic AC 101」に興味深々。田舎の楽器店では見かけたことがなく、一度試してみたいと思う今日この頃。